2019年7月27日土曜日

PRESTIAのバンキングカードが世代交代!既存カードは国内専用化

旧シティバンク銀行(現・シティバンクN.A.東京支店:東京都千代田区)の個人向け業務を引き継いだSMBC信託銀行(PRESTIA:東京都港区、信託協会準加盟)は、サービス移行の総仕上げとしてバンキングカード(キャッシュカード)を世代交代させることにしました。10月から発行するデビットカード『GLOBAL PASS(グローバルパス)』『AMC GLOBAL PASS』には、これまでなかったVISAデビット(タッチ決済含む)が搭載される代わりに、旧シティバンク以来使用してきたこれまでのバンキングカードは、2021年以降、日本国内専用になります。

PRESTIAの総合口座は、シティバンク銀行やその前のシティバンクN.A.時代からの『マルチマネー口座』であり、バンキングカードもこれまでは、旧シティバンク銀行やシティバンク在日支店時代に発行されたカードがそのまま使えていました。

しかし、これまでのカードにはICチップが搭載されておらず、同じSMBCグループの三井住友銀行(東京都千代田区、全銀協加盟)は既にICチップのないキャッシュカードを全廃していることもあって、PRESTIAもICキャッシュカードへの移行が喫緊の課題となりました。

今回、ICキャッシュカードへの移行を行うにあたっては、旧シティバンク銀行以来提供してきた海外での預金引き出しが今後も提供できることが求められました。さらにPRESTIAの本領である複数の外貨による決済への対応を検討する中で、住信SBIネット銀行(東京都港区、全銀協加盟)や新生銀行(東京都中央区、東証1部上場)など他行が既に導入していた外貨預金を使ったVISAデビット決済を、PRESTIAは他行よりも多くの種類の通貨に対応させた上で導入することにしました。

GLOBAL PASSでは、全18種類の通貨による預金引き出し、VISAデビット決済に対応します。対応するのは、次の通貨です。

・日本円
・米ドル
・ユーロ
・スターリングポンド
・スイスフラン
・カナダドル
・オーストラリアドル
・ニュージーランドドル
・タイバーツ
・シンガポールドル
・香港ドル
・人民元(海外投資家向けに口座内で両替されるオフショア人民元』に限る。中国国内で両替された現金『オンショア人民元』を直接入金することは不可)
・南アランド
・トルコリラ
・メキシコペソ
・クローネ(デンマーク、スウェーデン、ノルウェー)

今お持ちのバンキングカードは、2021年(令和3年)9月までに切替申請をしてGLOBAL PASSカードにしないと、21年10月以後は日本国内でしか使えなくなってしまいます。PRESTIAの口座をお持ちの方は旧シティバンク以来、海外での預金引き出しを希望する方がほとんどでしょうから、GLOBAL PASSへの切り替えが絶対必須です。手続きを忘れないようにしてください。