2019年10月11日金曜日

中国・河口の性風俗、ついに壊滅

2000年代前半、スワイパー(カンボジア・プノンペン)無き後に買春旅行者の桃源郷と言われてきた河口(中国雲南省河口瑶族自治県)。習近平主席率いる革命第5世代の中国共産党(中共)により進められてきた取り締まりが、いよいよ最終段階を迎えたようです。

董事長ふくちゃんは、10月10日に河口口岸(出入国管理所)から中国に入国しました(実は、小生にとって中国入国は全くの初めてでした)。

2010年代前半以前は、口岸から徒歩5分ほどの『河口中越陽光辺貿商場』2・3階を中心にマッサージ屋を装った置屋が多数入居し、対岸のラオカイ(ベトナム・ラオカイ省)からボーダーパスで国境を越えて通勤してくるベトナム人女性が1回30RMB(約500円)で性的サービスに励んでいました。古くから河口にハマっていた好事家の間では、中越陽光辺貿商場のことを「旧館」と呼んだりもしました。

この河口旧館に、日本の外こもりすとが本格的に来るようになったのは、2003年(平成15年)9月に中国国務院公安部が日本人を対象とした15日間のビザなし渡航を導入してからのことです。2004年(平成16年)1月からはベトナムも15日間のビザなし渡航ができるようになり、日本人は河口の両国イミグレをビザなしで通過できる貴重な存在になったのです。折しもスワイパーが欧米系NGOの攻撃を受けて壊滅するのと前後した時期で、バンコクのジュライロータリーやカオサンを拠点としていたバックパッカー崩れの好事家は、スワイパーに代わる未成年者買春の「性地」として、河口に注目していきました。

そして、河口を商業雑誌として真っ先に取り上げたのが月刊『アジアン王(キング)』(通称アジキン、マイウェイ出版:東京都千代田区)でした。アジキンでは2009年11月号で河口の特集記事を組みます。これによって訪れる日本人客はさらに増加しますが、対外的メンツを最重視する中共中央の目に止まらない訳がありません。中共中央の命を受けた河口県公安局は、旧館の置屋を潰しにかかります。

河口だけでなく、中国大陸各地の空港や口岸で旅行者が持ち込んだアジキンを没収されるケースが続出。他の都市でもアジキンの記事がきっかけで大々的な風俗店の取り締まりが行われたと噂されたりしました。こうして2014年(平成26年)10月、アジキンは休刊に追い込まれ、季刊『アジアン王国』(大洋図書)へと移行します(前記事「アジキン今月で廃刊!12年の歴史に幕」参照)

一方の置屋運営側も、口岸から5Kmほどのところに新築された同様の施設『越南城』に移転して、引き続きサービスを行っていましたが、河口県公安局は中華人民共和国成立70周年となる2019年10月1日の国慶節までに完全に壊滅させるとの目標を掲げ、取締りを強化します。置屋のサービス料金も高騰し、2019年夏には200元(約3,000円)と6倍以上に跳ね上がっていました。

10月10日の時点では、置屋は1軒も営業しておらず、旧館2・3階はシャッター通りになってしまっていました。越南城別館2階も営業している置屋はなく、完全壊滅状態。河口の置屋取り締まりは、当局側の思惑通りに完了したと言えるでしょう。河口で働いていた姫たちは、ベトナム側のラオカイ市中心部から少し離れたところにある『カフェスポット』と呼ばれる一角で活動している模様です。

2019年10月9日水曜日

ハノイの長距離バスターミナルをつなぐ市内バス(1)

ベトナムの首都ハノイには、都市間・市内共用5か所(ミーディン・イエンギア・ノックガム・ザップバット・ザーラム)、市内専用1ヶ所(ロンビエン)の合計6か所のバスターミナルがあります。旅行者は都市間バスを乗り継ぐ際バスターミナル間の移動を要することも多く、慣れていないと大変です。そこで今回は、各ターミナルおよびノイバイ空港の間を結ぶ市内バス路線をご紹介します。

5か所のうち、最大規模と言われているのはノックガム(ハノイ市ホアンマイ区)です。以前はミーディン(カウザイ区)が最大規模でしたが、南北高速道路(CT01)のハノイ~ニンビン間完成に合わせてゲアン省以南の中部・南部各省へ向かうバスがノックガムに移転したため、ノックガムが最大となったものです。

ラオス行き国際バスのうちビエンチャン・ルアンパバン、また中国の南寧(広西チワン族自治区)行きなどはノックガムから出発。一方、ラオスでもウドムサイ行きなどは一部ミーディンやイエンギア発があるといいます。

《ミーディン⇔ザーラム》
紅河デルタ地方北部や東北部各省へのバスが出るミーディンバスターミナルと、旧市街北東の紅河を渡った先にあるザーラムバスターミナル(ハノイ市ザーラム県)を結ぶのは、市内バス[34]です。この系統は旧市街地区(ホアンキエム区)を通ることからバックパッカーも利用する機会の多い幹線。日中10分間隔程度で運転されています。


《ミーディン⇔ザップバット・ノックガム》

ノックガムに到着後、ミーディンから出るラオカイやサパといった東北部の観光地へ向かうバスに乗り継ぐのであれば、バスターミナル間の移動が必要です。最も確実なのは、ノックガムバスターミナル構内が始終着地の[16]。途中、ザップバットバスターミナル前を通りますので、ザップバットに発着する紅河デルタ地方南部の省(ナムディン・ニンビンなど)からのバスとの接続もできる重要路線となります。

《ミーディン⇔イエンギア》
北西部のラオス国境に近いディエンビエン省やソンラ省など、国道6号線(QL6)沿いの省へのバスは、ミーディン発着もあるもののイエンギアバスターミナル(ハドン区)がメインとなります。ここはBRT(バス高速輸送システム)やMRT2A号線の終点でもあるハノイ首都圏南西部の交通の要衝ですが、普通のバスも各方面に向けて運転されています。

しかし、この区間は直行できません。[22B]でハノイ大学前まで行き、[02][21A]に乗り換えるのが最も簡単なルートです。

《ミーディン⇔ノイバイ空港》
この区間には直行の市内バスがあります。[109]に乗れば始終着ですので、楽勝。ノイバイ空港の乗り場は第2ターミナル(国際線)脇の市内バス乗り場です。

《ザーラム⇔ザップバット》
ハイフォン市からタンホア省以南の各省へ行く場合、ハノイを通らずにナムディン市まで直行する手もありますが、ナムディンで乗り換える手間がある他、乗り換え先のバスの時間がうまくつながらず、ハノイから来るバスもほとんど寄ってくれず結局非効率に終わってしまうため、ハノイ乗り換えが最も確実な選択肢です。

ハイフォンからのバスが多く到着するザーラムバスターミナルと、南部近隣省方面への便が出るザップバットバスターミナル(ホアンマイ区)を直行で結ぶ市内バスは[03]です。この路線専用のフルフラットノンステップバスが頻繁運転しており、ほぼ待たずに乗れます。ザップバットバスターミナルで[16]に乗り継げば、ノックガムバスターミナルへのアクセスもできます。


《ノックガム⇔ノイバイ空港》
ノックガムからノイバイ空港となると、直行はなく、途中で乗り換えが必要です。始発の[04]で終点のロンビエンバスターミナル下車。ハノイ駅前から来る[86]に乗り換えるのが最も簡単で確実です。

2019年10月2日水曜日

『BCLマニュアル』39年ぶり復刊!!初版完売で増刷へ

インターネットが普及する前の1970年代から80年代前半にかけて、日本では短波帯の周波数に出ている国際放送を中心としたラジオ聴取が一大ブームになりました。当時、ラジオを聴くリスナーの情報手段は商業雑誌やミニコミ誌、あるいはそれらラジオで放送される専門番組が主。中でも雑誌『ラジオの製作』(現・『電子工作マガジン』、電波新聞社:東京都品川区)の増刊として販売された『BCLマニュアル』は、3回の発行で合計20万部を売るベストセラーを記録しました。

その『BCLマニュアル』の最新版が、なんと39年ぶりに同じ電波新聞社から発行されました。若い頃にBCLを楽しんでいた中高年層を中心に売れており、初版を完売したとのことでこの度、増刷が決定しました。

第1版(1974年)から第3版(1980年)までの著者である山田耕嗣さん(享年68歳、東京都出身)と、董事長ふくちゃんは2000年代前半、小生がタイで外こもり活動を始める直前に何度かメールのやり取りをさせてもらっていました。小生がタイでホームレスに追い込まれていた2008年に亡くなられ、来年、2020年には十三回忌を迎えます。折から電波新聞社も創業70周年を迎えるといい、その記念の意味合い、また一貫して編集を担当された大橋太郎相談役の古希の祝いも兼ねて、今回第4版となる『令和版BCLマニュアル』の発刊が決定しました。

第1版から第3版までで山田さんが書かれたコンセプトを最大限に生かし、第1版発行から半世紀近くを経た21世紀前半の放送事情や技術の進歩に応じた改訂や追加記事などを、山田さんの「後輩」とも言うべき現役BCLerがまとめて、『令和版BCLマニュアル』は出来上がりました。初版は8月31日の『ハムフェア2019(アマチュア無線フェスティバル)』で先行発売されわずか1時間で完売。9月5日に正式発売されると、ネット通販では予約で完売。全国の大規模書店やアマチュア無線機販売店でも飛ぶように売れ、2週間程で版元在庫が払底する好評を得て、大橋相談役は会社に増刷を打診。10月15日開幕の『CEATEC2019』(旧エレクトロニクスショー:幕張メッセ)に間に合わせるスケジュールで増刷が正式決定したと、Facebookに書き込みました。

楽天ブックスでは10月2日現在『ご注文できない商品』、Amazonでは『出品者から購入できる』状態になっていますが、近く解除されて予約ができるようになります。まだお手に取られていない方は、是非この機会に注文ください。



2019年9月28日土曜日

LATAMグループ、スカイチームに移籍へ

デルタ航空(DL=DAL:アメリカ・アトランタ、NYSE上場)は、南米最大の航空企業体LATAMグループの中核となるLATAMエアラインズ(LA=LAN/JJ=TAM)と出資を含む戦略的パートナーシップを結ぶと発表しました。LATAMはこれを受け、旧LAN航空時代に結成メンバーとして参加したワンワールドへ脱退を通告。デルタが幹事社を務めるスカイチームに移籍する方向で準備を始めることになりました。

LATAMは、旧LANの時代から南米大陸の他の国へ積極的に進出。中でも隣国ペルーのリマを本拠とするLATAMペルー(旧ランペルー:LP=LPE)は、国営だったアエロペルー(PL=PLI)の倒産によって同国最大の民間航空会社に成長しました。他にもコロンビアやエクアドル、アルゼンチンなど南米大陸各国で次々と現地航空会社を買収するなどし、2010年までに南米最大の民間航空企業体になりました。

2010年8月、LANグループはヴァリグ航空(RG=VRG)無き後ブラジルの最大手FSCとなったTAM航空を買収することで合意。2012年に法人合併手続きを終えると、2014年にはTAM航空をスターアライアンスからワンワールドへ移籍させました。これにより、LATAMグループ全社がワンワールドネットワークで統一され、ワンワールドはブラジルの全ての州に拠点を得て、南米での絶対的な優位を固めました。

一方でデルタは、同じスカイチームメンバーズのアエロメヒコ(AM=AMX)に続いて、南米大陸で戦略的パートナーシップを結べるキャリアを探していました。南米大陸のスカイチームメンバーズとしてはアルゼンチン航空(AR=ARG)があるものの、アルゼンチン政府は過去に3回の対外債務不履行(デフォルト)をするなど信用不安が付きまとい、なかなか事業の拡大に踏み切れません。LATAMのように他国へ進出するなど、尚更不可能です。スターアライアンスメンバーズではアビアンカ航空(AV=AVA、コロンビア・ボゴタ)がありますが、こちらもグループのアビアンカブラジルことオーシャンエア(O6=ONE、ブラジル・サンパウロ)が倒産・運航停止してアライアンスを追放されるという爆弾を抱えています。ちなみにLATAMと並ぶブラジル大手のゴル航空(G3=GLO)は、LCC的な施策を取っているためFSCによるアライアンスに加盟することは想定されていません。

そこで、デルタはLATAMにパートナーシップの話を持ち掛けることにしました。デルタはLATAMの発行済み株式の20%相当を取得し、役員を派遣。これにより、LATAMはデルタの関連会社(日本の持分法適用関連会社に相当)的な立場となります。それに加えてLATAMがエアバス(フランス・トゥールーズ)に発注していたA359XWBの一部機体をデルタに納入させ、デルタはLATAMを事実上金融支援するという内容です。

デルタ、LATAM両社から発表があった直後、LATAMはワンワールド本部(アメリカ・ニューヨーク)に

「非加盟の他社(デルタ)と提携することになったので適法な手続きの下で脱退したい」

と通告。ワンワールドも

「旧LANは結成メンバーであり今回の脱退申し出は極めて残念だが同社の意向を尊重する。移行手続き中も顧客に迷惑が掛からないように支援する」

とのプレスリリースを出しました。

2019年9月16日月曜日

新世代車は水色!首都圏バスの世代交代が本格化

首都圏バス公団(BMTA:ホイクワン区)が10年来の懸案としていた大型バス車両の代替が本格的に動き出しています。1990年代前半に投入され新造後30年近くを経ていた旧世代の青色急行(エアコン)車は一掃され、1990年代後半から2000年代初めにかけて納車されたオレンジ色の急行車両も数を減らしています。それらに代わってBMTAの次代を担うのは、水色一色の中国製エアコン車です。

高速道路経由でトンブリ南部と中心街を結ぶ[138][140][141]を擁する5管区営業所(バンクンティエン区)は、BMTAの中でも新車がいち早く入ることで知られています。中国製ワンステップバスが実験的に投入された2011年には[76][140][141]が置き換えられましたが、今回はまず[138]が新車に置き換えられました。


1管区営業所(バンケン区)の最主力としてBMTAの収益改善に貢献する[A1](モーチット駅~ドンムアン空港)も新車に入れ替わりました。今回の新車は前中扉間ノンステップという日本でもすっかりお馴染みの内装で、荷物の多い空港利用客にも好評をもって受け入れられています。

一方で、すっかり前世代となったオレンジ色の急行車は、2000年代に青色が主力だったり、非冷房の赤バスしかなかったりした路線に転出しています。3管区営業所(サムットプラカン市)の[25]は、2010年前後に青色急行が全廃となり、以後10年近く赤バスだけが運行されてきましたが、今回オレンジ色急行車が他の路線から転入し、体質改善が図られました。

2019年9月14日土曜日

あの台北大旅社がフルリノベーション!!

2015年5月、惜しまれつつ50年に渡る営業を終えた台北大旅社(ポンプラップ区)。6階建ての建物は取り壊しの可能性もあったものの、3年半もの期間をかけたフルリノベーションの末、以前よりもランクアップしたホテルとして再オープンしました。

『W22 Hotel by BURASARI』。これが新しいホテルの名前です。えっ?どこかで聞いたような感じ? まさかスクンビットにある『S15』『S31』などを運営するグループが手掛けているのか?と思われた方もおられることでしょう。新たな運営会社となったブラサリグループ(サームパンタウォン区)は、ヤワラー通りの高級ホテル『シャンハイマンション』を既に運営しているほか、南部プーケット島の『ブラサリリゾートプーケット』(プーケット県カトゥー郡)を旗艦とし、さらにラオスでも複数のホテルやスパを運営している新興のリゾート企業です。

台北大旅社は1965年(仏暦2508年)にオープン。2000年代後半には1泊400Bt.、2010年代に入ってからも1泊450~550Bt.という料金で古くからのバンコクを知るコアな旅行者に支持されてきました。台北大旅社時代にも何度か客室内は改装されていて、末期には全室にエアコンや衛星テレビも置かれるなどカオサンのゲストハウスと比べたら全然高いレベルを維持していたのですが、今回のリノベーションでスクンビットやシーロムの中級ホテルにも引けを取らないレベルまで引き上げられました。ただ、バスタブはこれまで同様設置されていないので、バスタブがないとダメという方には無理です。

料金は、AgodaやBooking.comなどの予約サイトを経由すると1泊4,000円程度です。

2019年9月7日土曜日

相鉄新横浜線から横須賀線乗り継ぎで成田空港へ!

JR東日本横浜支社(横浜市西区、東証1部上場)と相模鉄道(横浜市西区、日本民営鉄道協会加盟)は、2010年から工事を進めている相鉄新横浜線(神奈川東部方面線)のうち、『相鉄JR直通線』と通称されてきた西谷駅(横浜市保土ヶ谷区)と羽沢横浜国大駅(横浜市神奈川区)の間が11月30日(土)に開業するのと同時にJR湘南新宿ライン・埼京線への相互直通運転を始めると発表していましたが、その詳細なダイヤが確定しました。

相鉄線に直通する電車は、羽沢横浜国大駅からJR東海道貨物線に入って、鶴見駅(横浜市鶴見区)構内で湘南新宿ライン・横須賀線の線路と合流しますが、ここから武蔵小杉駅(川崎市中原区)の手前までは東海道貨物線(別名品鶴線)が4線区間になっており、羽沢から来る相鉄JR直通線の電車は外側の貨物専用線を使用するため、新川崎駅(川崎市幸区)には止まらず、品鶴線が複線に戻った後にある武蔵小杉駅を目指します。

相鉄JR直通線の電車は、武蔵小杉駅の降りたホームで横須賀線から来る成田空港発着の電車に乗り換えることができます。乗り換え時刻表を掲載します。

《平日・空港行き》


《平日・空港発》

《土曜休日・空港行き》


《土曜休日・空港発》

2019年9月2日月曜日

国内中古スマホのSIMロック解除が完全解禁

KDDI(au:東京都千代田区、東証1部上場)と沖縄セルラー(那覇市、東証JASDAQ上場)は、中古市場に流れた端末(スマートフォン・タブレット・WiFiルータなど)のSIMロック解除受け付けを1年9か月ぶりに再開することにしました。

auでは、2015年4月発売の『Galaxy S6』『S6edge』(サムスン電子)からSIMロック解除に応じるようになり、最主力のiPhoneファミリー(アップル)でも2015年9月発売の『6S』『6SPlus』以降はSIMロック解除ができるようになりました。

しかし、2017年12月に解除可能になるまでの最短期間を100日とした際に

「SIMロック解除は契約者(機械の購入者)本人がauオンラインショップ、auショップ、Pipit(トヨタ自動車販売店併設のショップ)またはau取扱店で購入した履歴がある場合のみ受け付ける、対象機種を既に購入済みの顧客も変更実施後は同様とする

という規制を導入します。この結果、中古市場に流れた端末は事前に購入者がSIMロック解除の手続きをしていない限り、SIMフリーに出来なくなってしまいました。

2019年8月に総務省総合通信基盤局電気通信事業政策課から規制緩和の要請があり、KDDIでは対策を検討した結果、中古市場に流れた端末のSIMロック解除に再び応じることになりました。ただし、同業のNTT docomo(東京都千代田区、東証1部上場)が顧客の利便を考えてオンラインでの受付としているのに対し、auは

「本人確認の点でまだ不安が拭い切れない」

として、全国のauショップに端末を持参してもらい、本人確認書類の提示を受けた上でスタッフが手続きすることにしました。このため、手続き費用として3,000円(消費税抜き)がかかり、au契約者は翌月の請求に上乗せ、解約済みや契約をしたことがない人はその場で現金で支払うという運用をすることになりました。

なお、持参した端末に故障が発覚した場合は修理完了後でないとSIMロック解除ができません。また、au携帯電話料金を滞納あるいは割賦代金の未納がある契約を持っている方は、滞納が解消されるまで手続きができません。かつ、1人が1日に持ち込める端末の数は最大2台までとなります。

また、ソフトバンク(東京都港区、東証1部上場)もauと同様の措置を取ります。これにより、日本の携帯大手3社が販売した端末はすべてSIMロック解除できることになります。

2019年8月31日土曜日

ジェットスターパシフィックが日本撤退!関空路線2年持たず

ジェットスターパシフィックエアウェイズ(BL=PIC、ベトナム・ホーチミンシティ特別市タンビン区)は、2017年9月から運航してきた関空~ハノイ(ノイバイ)線を親会社のベトナム航空(VN=HVN:ハノイ市ロンビエン区、ハノイ証取上場)に事実上承継する形で運休(廃止)としました。これにより日本路線がなくなったため、8月30日の業務終了をもってベトナム航空大阪支店(大阪市中央区)に併設されていた市内オフィスも閉め、日本から完全撤退しました。

《7月18日の運航を持って取りやめ》
BL170 HAN0145~KIX0815 DAILY
BL171 KIX0915~HAN1340 DAILY

(機材はエアバス320ceo エコノミークラスのみ180席)
ジェットスターパシフィックは、ベトナム国籍LCCとして初の日本線となる関空~ハノイと、関空~ダナンの2路線を同時に就航しましたが、その後は伸び悩みました。機内サービスの面で、ジェットスターのブランドに胡坐をかいていると取られ常連客が離れたこと、また後発のLCCであるベトジェットエア(VJ=VJC、ハノイ市バディン区)との競争に事実上敗れたことの2点が大きな理由とされます。

前記事『ジェットスターパシフィックは上級運賃でも機内食が付かない』でも書いた通り、ジェットスターパシフィックの国際線は『Starter Plus(日本名ちゃっかりPlus)』以上の上級運賃であっても、ジェットスターグループの他社と違って機内食が付かないなどサービスが劣る面があります。このため、ジェットスターグループの他社を利用しているヘビーユーザーからも敬遠されるようになっていったのではないかとみられています。

2018年11月にはベトジェットエアが関空~ハノイ線に就航します。ベトジェットが毎日1便なのに対し、ジェットスターは週4便を維持しました。ジェットスターパシフィックはグループのジェットスター・ジャパン(GK=JJP、千葉県成田市)が行う日本向けの『スーパースターセール』に便乗させてもらい、片道最安4,990円のセールを打ちますが、一方で関空~ダナン線をベトナム航空に移管、関空~ハノイに集中してベトジェットとの本格的な競争に挑む布石を作ろうとしました。

今年3月の夏ダイヤからは親会社であるベトナム航空の補完という意味合いを捨て去るべく、ベトジェットと同じ毎日1便に増強しましたが、関空~ハノイでは本格航空会社(FSC)も含めた全体の提供座席数も過剰になりかねない状況でした。ベトジェットがエアバス321neoを調達して、関空に加え成田からもハノイ、ホーチミンシティの両方に就航するなどネットワークの拡大を目指したのに対し、ジェットスターは機材がエアバス320ceoしかないため、ホーチミンシティと日本を結ぶ直行便を飛ばせず路線政策上制約を受けました。しかも日本の発着空港が関空ということもあり、接続するジェットスター・ジャパンの国内線も成田と比べて少なく、厳しい立場に立たされます。

ベトジェットも賞味運賃100円(総支払額7,800円)のセールを頻発するなど対抗し、ジェットスターパシフィックは路線赤字に転落。ベトナム航空ではジェットスターを表に出したLCC同士の消耗戦をやめて、FSC一本で勝負する方針に切り替える決断をしたものの、最大の書き入れ時であろう日本の夏休みを前に、運休に追い込まれる最悪の結果となってしまいました。

2019年8月30日金曜日

下川裕治、外こもり取材の集大成!『新版・生きづらい日本人を捨てる』

弊誌永遠名誉董事長・下川裕治は2000年代前半から、日本人が海外で無職生活を送る『外こもり』という生き方を追いかけてきました。董事長ふくちゃんが「伝説の外こもりすと」と言われたのももう一昔前。20年に渡る外こもり取材を集大成し、次の時代に語り継ごうという狙いで、下川は最新作を上梓しました。

『新版「生きづらい日本人」を捨てる』(光文社知恵の森文庫・864円)がそれです。2007年に発売された『日本を降りる若者たち』(講談社現代新書)、2010年の『「生き場」を探す日本人』(平凡社新書)、2012年に同じ光文社から出た『「生きづらい日本人」を捨てる』を事実上の3部作的な底本とし、それらの本に登場した人の「その後」を追いました。

小生については『日本を降りる』第1章と、『生き場を探す』4章を再録した上で、再び日本を拠点とするようになった現状を報告させていただいています。ですが、今回の本の一番の読ませどころは、『日本を降りる』第2章に登場したジミー金村さん(享年54歳、徳島県出身)の最期とそこに至る過程に触れた部分だろうと感じました。詳しいことは本をお読みいただくとして、弊誌でもお伝えしていなかった彼の生き様の真実が凝縮された文章は、少しでも彼を知っている「猿岩石世代」の元バックパッカーには辛くもあり、また違う意味で衝撃をもって受け止められることが必至です。



全国の書店のほか、日本アマゾン、楽天ブックスなどネット通販でもお買い求めいただけます。関係者の皆さんには、一読をお勧めします。