2019年3月12日火曜日

東京シャトル成田発便の予約制度終了へ

京成バス(千葉県市川市)は、航空会社が夏スケジュールに入った直後の3月28日(木)に成田空港リムジン路線『東京シャトル』のダイヤ改定を行います。

今回の改定では、東京駅発便の成田空港における到着の順番を変更します。従来は、新空港自動車道新空港インターチェンジに最も近い第3ターミナルではなく第2ターミナルに最初に到着し、第1ターミナルを回って、最後に第3ターミナルへ行く道順になっていましたが、第3ターミナルへ直接入ることのできる取付道路が整備されたため、最初に第3ターミナルへ入ってPeach(MM=APJ、大阪府田尻町)、ジェットスター・ジャパン(GK=JJP)、Spring Japan(IJ=SJO)の出発客を下ろし、そこから第2ターミナル北(2番ドア前)へ向かいます。

また同時に、成田空港発便について事前の予約受付を終了するとも発表されました。従来は日付だけを指定して事前の予約ができましたが、3月28日以降は、成田空港発は飛び込みのみの受け付けとなります。

東京シャトルは、2012年の運行開始以来往復共に事前の予約ができました。東京駅発は発車時間を決める便指定ができ、成田空港発は到着便の遅れというリスクにも配慮して日付のみの指定としていました(前記事「東京シャトルを予約済みでも繰り上げ乗車できる」参照)。しかし、予約を持っている人が優先的に乗車できるため当日飛び込みのお客様が乗車できるまで長時間待たせる可能性があり、逆に迷惑をかけるとして成田発便については予約制度の廃止が検討されていました。

予約をすることで楽天スーパーポイント(楽天トラベル経由)やPonta(じゃらんnet経由)といった共通ポイントでの支払いができるという利点はありましたが、乗車できる便が東京シャトルに限られ、混雑が激しくなるばかりか並行するバリアフリー実験路線『有楽町シャトル』に乗客が流れず同路線の採算が取れなくなること、大崎駅行き『成田シャトル』や競合する『THEアクセス成田』(ヴィートランセホールディングス、JRバス関東)への乗客分散、共存が進まないというリスクが指摘されていました。

公式Twitterアカウントや、京成バスのホームページでも、昨年9月以降幾度となく利用者に注意を呼び掛ける書き込みが行われていました。最近では2月22日に次のような投稿がなされています。

「2月~3月にかけて東京シャトルでは混雑が予想されております。ご予約の無いお客様はご乗車まで大幅に時間を要する可能性がございます。お早目のご予約、お時間に余裕を持ったご利用をお願い致します。また有楽町シャトルの利用もあわせてご検討下さい」

また3月1日には、ホームページが更新され

「臨時便もご用意しておりますがご予約の無いお客様はご乗車まで大幅に時間を要する可能性がございます。比較的座席に余裕のある有楽町シャトルの他、京成上野、日暮里からの京成線およびJR(総武快速)線など鉄道のご利用も検討くださいますようよろしくお願い致します」

と出て、もはやバスだけで解決できる状況ではなくなったことを暗示する記述がなされました。このため、成田空港発の日付指定予約は3月27日(水)までで終了し、28日からは当日、各ターミナルのチケットカウンターでキップを発売する形とします。

2019年3月11日月曜日

ゆうちょ銀行の預け入れ限度額が増える!通常貯金だけで1300万円

政府は8日の定例閣議で、JP BANK ゆうちょ銀行(東京都千代田区、東証1部上場)の預入限度額を実質2倍にする政令を決定、13日付の官報で公布しました。4月1日から施行されます。

現在は、通常貯金(民間の普通預金に相当)と定期貯金、定額貯金など定期性貯金を合わせて一人1,300万円までとなっています(郵政民営化法施行令2条:2005=平成17年政令342号)。改正(2019=平成31年政令35号)では、通常貯金と定期性貯金のそれぞれ1,300万円ずつ、合計2,600万円までの預かりを認めます。なお、振替口座(旧郵便振替:民間の当座預金に相当)には預り金額の上限はなく、上限を超えて入金しようとすると超えた分は振替口座で預かる(無利息)という点は変更ありません。

JP BANKカード(クレジットカード)やmijika(ブランドプリペイドカード)の利用額が大きい方には良いかもしれません。従来は定額貯金や定期貯金を預けている場合、その分通常貯金に入金できる額が減る仕組みでしたが、改正後は通常貯金だけで限度額1,300万円一杯まで入金できるようになります。特にmijikaを持つことで海外でも通常貯金の残高を事実上直接引き出すことができるようになったのは外こもりすとには朗報です。ゆうちょ銀行に口座がある方は、この機会にmijikaを申し込んでおくことをお勧めします。

2019年3月2日土曜日

Trip.comグローバルカードを使ってみた!他社ポイントからの移行にリスク

以前、AirAsiaグループの航空券決済を少しでも安くできるカードとしてご紹介した『Trip.comグローバルカード』(三井住友カード)。今回、董事長ふくちゃんが実際に入会し、使ってみました。

Trip.comグローバルカードは、国際ブランドがUnionpay(中国銀聯)のクレジットカードです。中国では多くの加盟店がありますが、中国以外では加盟店がVISAやMasterCardに比べて少なく、通販でもAliexpressやWish.comなど中国発の大手サイトが対応せず、なかなか利用する機会がありません。しかし、OTA(Online Travel Agencyの略で、ネット販売専門の旅行会社)や航空会社では対応が進んでおり、Trip.comや同じグループのSkyscannerの他、航空会社では中国系FSC各社、春秋航空(9C=CQH)、AirAsiaグループ、Jetstarグループなどで航空券の購入に使うことができます。

Trip.comグローバルカードで、AirAsiaグループの航空券を購入する際は、支払い画面で通常のクレジットカード決済ではなく、『Unionpay』のタブをクリックします。Unionpay経由での決済を了承すると、カード番号を入力する画面になりますので、そこでTrip.comグローバルカードの番号と有効期限、セキュリティコードを入力します。

ちなみに、支払方法は一括払いのみ。分割・リボルビング払いは利用できません。

ポイント還元は、三井住友VISAカード・三井住友MasterCardと同じSMCCワールドプレゼントの口座が開設されます。三井住友VISAカード、MasterCardを既にお持ちの方は発行された銀聯カードをVpassに追加すればOKです。銀聯カードの利用実績に伴う加算ポイントは、既存の口座に加算されます。

SMCCワールドプレゼントは、共通ポイント交換サイトの『PeX』(ボヤージュマーケティング=東京都渋谷区)から『Gポイント』(ジープラン=東京都千代田区)へポイントを流す際の中継地としても使うことができます。ここで、PeXからGポイントに流すというのは、ポイントサイトをやっている方ならどこかで聞いたことがあるかもしれません。『ANA To Me CARD PASMO(ソラチカカード)』会員の方が、ポイントサイト各社のポイントをANAマイレージクラブ(AMC)のマイルに変換する際に使う、通称『ソラチカルート』で今年4月以降、必ず通らなければならなくなった手法です(前記事「ソラチカカート封鎖へ(3)陸マイラーに残されたもう1つの道」参照)

PeXから直接LINEポイントに交換することもできますが、一旦Gポイントを経由することによって、LINEポイントに到達するまでの間のポイントの目減りを実質解消できる上に、モッピー(セレス=東京都世田谷区、東証1部上場)の獲得ポイントも合算して流し込めるようになる利点があります。

ただし、お手元に三井住友カード発行のクレジットカードがUnionpayしかない方は、他社のポイントをワールドプレゼントに移行することができません。ワールドプレゼントの全機能を利用するには、三井住友VISAカードまたはANA VISAカード、三井住友MasterCardも保有することが必要です。

2019年3月1日金曜日

シティリンクがKLIA~ジャカルタ線に参入!LCCだけで3グループ目

ガルーダインドネシア航空(GA=GIA)の子会社のLCC、シティリンク(QG=CTV、ジャカルタ)は、2月26日からジャカルタ(スカルノハッタ)~KLIA線の運航を開始しました。

QG528 CGK1100~KUL1420 DAILY
QG529 KUL1520~CGK1630 DAILY

(機材はエアバス320ceo エコノミークラスのみ180席)

クアラルンプール~ジャカルタ線はAirAsiaグループが毎日11往復、インドネシア発の先行LCCであるライオンエアグループも毎日8往復を運航するドル箱幹線に成長しましたが、シティリンクも両グループに負けない規模への成長を目指します。

KLIAではAirAsiaと違い、第1ターミナルに発着。ライオンエアグループのマリンドエア(OD=MXD)便には同一ターミナルで乗り継げますが、AirAsiaX(D7=XAX)は第2ターミナル(KLIA2)発着のため、ターミナル間移動が必要になります。

2019年2月22日金曜日

「日本人のベトナムe-VISA取得が不可能に」誤報飛び交う

ベトナム公安省は2017年2月1日から、西側先進国を中心とした40か国の国籍者を対象にe-VISA(電子ビザ)の発給を行ってきました。当初は2年間の試行期間ののち本格運用に移行するか決めるとのことでしたが、2018年10月の国会常務委員会で2021年1月までの試行期間延長が決まり、今後2年間は現在と同じ態勢が続くかと期待されていました。

ところが、2月1日付で出された改正実施規定(政令第17号/2019/ND-CP)を伝えたニュースサイトが誤った内容を流し、一時は日本人のeーVISA取得が不可能になったとのデマが飛び交いました。

2017年2月1日付の実施規定(政令第7号/2017/ND-CP)では、日本・韓国・中国・アメリカなど主要先進国を中心に40か国が対象となっており、後に6か国が追加されていました。しかし、改正実施規定では新たに旧ソ連圏や旧ユーゴスラビアといった新興国を中心に35の国と地域が追加されました。

ハノイで編集されている『VIETJO』は2月22日朝の更新で改正実施規定を伝えましたが、今回新たに追加された35ヶ国「のみが」2019年2月1日から21年1月までのe-VISA発給対象になり、旧規定で対象だった40か国は対象から外れる、という誤報を飛ばしました。このため在ハノイ日本大使館領事部に問い合わせが殺到し、大使館の担当者が公安省出入国管理局に確認したところ、

「今回新たに対象となった35か国と、旧規定で対象になっていた40か国(追加6か国を除く)の合計75か国が対象で、日本も含まれる」

との回答があったと、Webサイトに掲載しました。

今回、新たに対象となった国は多くがベトナムへのビザなし入国を認められておらず、それらの国籍者に対して大使館や総領事部に出向いてビザを取得する必要のないe-VISAの利便性を試してもらいたいという意図なのではないかと、Traveler's Supportasiaは分析します。

なお、タイ・シンガポールなど既にビザなしで30日在留が許可されているASEAN諸国は、引き続き対象に含まれません。

また、従来e-VISAでの出入国ができなかったベトナムとラオスの間の陸路国境のうち、タイチャン検問所(ディエンビエン省ディエンビエン県)、ナムソイ検問所(タンホア省クアンソン県)、ラオバオ検問所(クアンチ省フオンホア県)では2月1日からe-VISA対応が始まりました。

2019年2月14日木曜日

タイライオンエア大阪線就航も確定!3月夏ダイヤから

タイライオンエア(SL=TLM、ドンムアン区)は、先に運航を始めた成田空港と中部セントレア、福岡空港に続く4番目の日本路線として関西国際空港(大阪府泉佐野市)への就航を決め、航空券の販売を開始しました。

《3月28日から有効》
SL304 DMK0505~KIX1230 水・金を除く週5便運航
SL305 KIX1430~DMK1850 水・金を除く週5便運航
※木曜日のバンコク発に限り35分繰り上がる

(機材はB739MAX エコノミークラスのみ215席)

この路線では競合するタイエアアジアX(XJ=TAX)とノックスクート(XW=NCT)、Scoot(TR=TGW)がエアバス333やB788といった大型機を使っており、タイライオンエアも成田線にはエアバス333を投入していますが、同社の主力機材のB737ファミリーのうち、最新鋭の737MAXではタイと日本を直行で結べるだけの航続性能があることを考慮、また複数の競合社の存在により成長のスピードが未知数であるという分析結果が出たのか、成田線以外の日本路線には当面737MAXファミリーを使うことにしたと見られます。

タイライオンエアはLCCでありながら、預け手荷物が15Kgまで無料など本格航空会社(FSC)に近い機内サービスを提供しており、関空線でもこれらが強い武器になります。

2019年2月10日日曜日

MRTブルーライン延長部分開業時期確定!旧市街区間は9月オープン

MRTA(都市鉄道公団:ホイクワン区)とバンコクエクスプレスウェイ&メトロ(BEM:ディンデン区、SET上場)は、2010年から建設を進めてきたMRTブルーライン延長部分の工事が終了したとして、営業開始時期を発表しました。

現在線南側をそのままトンブリ西部まで引っ張る、ファランポーン(パトゥムワン区)~ラックソン(バンケー区)間は、今年9月の営業開始を予定。現在線の北側から延長して、トンブリを南北に貫くチャランサニウォン通りの上を走るタオプン(バンスー区)~タープラ(バンコクヤーイ区)間は、2020年3月に開業する予定となっています。

ファランポーン駅から先の区間のうち、ワットマンコン駅(サームパンタウォン区)は世界最大のチャイナタウンとも言われているヤワラー地区にあり、その先のサムヨット駅(プラナコン区)はインド系の商店が多いパフラット地区の最寄り。その次のサナムチャイ駅(プラナコン区)は、ワットポーや王宮の最寄り駅として、外国人観光客の利用を集めることが確実視されています。

4つ目のイサラパープ駅(バンコクヤーイ区)以遠は、タイ人の通勤客の利用が中心になりそう。トンブリ中部以北と旧市街の間を流れるチャオプラヤ川に架かる橋は、タクシン橋・ラマ1世橋および並行する新橋のポックラオ橋・ピンクラオ橋・ラマ8世橋・ナンクラオ橋の5本しかなく、特にラマ1世橋とポックラオ橋には車が集中し激しい渋滞を引き起こすとともに、バスのダイヤの乱れが日常茶飯事となっています。

MRT延長部分には、バンコク旧市街とトンブリ地区の交通渋滞緩和、そして通勤時間の短縮が期待されています。開業後は、ファランポーン駅とタープラ駅の間の所要時間が約10分に、スクンビット駅(ワッタナ区)からはサナムチャイ駅まで16分、バンケー駅まで40分程度と大きく短縮される見込みです。

2019年2月3日日曜日

ディエンビエンフーからラオスへ【2019年版】(2)いざ国境通過

ディエンビエンフーでは、すべての都市間バスが市内中心部に近いバスターミナルを発着します。ラオス行きの国際バスもここから出ますので、夜行の都市間バスで到着後、すぐにラオス行きへ乗り換えることもできます。

《ラオス行き国際バス》
ディエンビエンフー発のラオス方面行きバスは、終点の都市ごとに毎日1本が運転されます。ポンサリ行きは、ムアンサイ(別名ウドムサイ、ウドムサイ県サイ郡)の約30Km手前の町パークナムノーイ(ウドムサイ県フン郡)で分かれますが、それ以外のルアンナムター行き、フェイサイ(ボーケオ)行き、ルアンパバン行きはムアンサイでそれぞれの方向に分かれていきますので、ムアンサイ打ち切りのバスを逃しても大丈夫です。ただ、ムアンサイより先の各都市まで通しで切符を買うと高くつく可能性があり、それがどうしても気になるという方はムアンサイでラオス国内のバスに乗り換えることになります。

ベトナム発ラオス行きのバスは、早朝に集中します。最初にムアンクア(ポンサリ県クア郡)行きが5時30分、続いて6時にムアンサイ行きとルアンパバン行き、6時15分にはフェイサイ行き(ムアンサイ・ルアンナムター経由)が発車します。6時30分と7時にルアンナムター行き(ムアンサイ経由)、7時15分にポンサリ行き(ムアンクア・パークナムノーイ経由)、最後の7時30分にルアンパバン行きのVIPバスが出ます。

一方、ムアンサイから乗る場合はほとんどの乗客が朝8時30分のムアンサイ始発ディエンビエンフー行きを目指してきます。ルアンナムターやルアンパバン始発のバスが到着するお昼頃からでもディエンビエンフーを目指すことはできますが、バスターミナルで切符を売ってくれるかどうかが微妙なところです。

運賃はディエンビエンフーからムアンサイが23万ドン、ムアンサイ発はラオスキープ建てで95,000Kipです。ディエンビエンフーとムアンサイの間は数年前に道路の舗装整備が完了し、片道所要7時間30分程度で安定した運行が行われています。

なお、ハノイ(ミーディンバスターミナル)とヴィン(新長距離バスターミナル)からのムアンサイ直通もあります。ハノイ行きはムアンサイ始発9時30分、運賃は250.000Kip。ハノイ発のムアンサイ行きはミーディンバスターミナル18時発です。

《越寮国境通過》
ベトナム側からラオスへ出国するのであれば、日本人はビザなし15日または大使館・総領事部で発行された正規ビザで入国していれば、何の問題もありません。ラオスはビザなし15日で入国後、中国やタイへの国境を往復して無制限にビザランすることも可能です。

ラオスからベトナムに入国する場合、ビザなし15日を希望するのであれば前回の出国日に注意しなければなりません(前記事「ベトナム1月1日法改正!ビザラン対策に本腰か?」参照)

ただし、ベトナム入国時にe-VISAを使っていた場合は要注意。ベトナムとラオス間の国境検問所では現時点(2019年1月)でe-VISAに対応しておらず、入国・出国のどちらもできません。e-VISAは申請時に出入国箇所を指定しますが、一度指定した出入国場所は変更できません。前回入国時にe-VISAを使い、出国後30日以内にビザなしでの再入国というケースでは、ラオス側の出国審査場でトラブルになる可能性があります(前記事「ベトナムE-Visaはラオスへの陸路国境通過不可」参照)

2019年2月2日土曜日

パキスタン航空が日本撤退!バンコク経由絶対必須に

パキスタン国際航空(PK=PIA、カラチ市)は、週2回運航している成田~北京首都~イスラマバード線のうち、成田空港と北京首都空港の間を運休すると発表、航空券の販売を取りやめました。

《2月15日のフライトをもって取りやめ》
PK852 PEK0850~NRT1305 月・金曜運航
PK853 NRT1435~PEK1705 月・金曜運航

(機材はB772 ビジネスクラス35席、エコノミークラス294席)
パキスタン航空は、1969年(昭和44年)11月に東京・羽田空港へ初就航しました。ちなみにこの時はまだ東パキスタンと言われていた、現在のバングラデシュのダッカから乗り入れていたという記録が残っています。現在まで続く北京経由の便は、1975年(昭和50年)2月17日からスタートし、1978年(昭和53年)5月20日の成田国際空港開港と同時に移動して、都合44年間維持されてきました。

当初は北京・イスラマバード経由カラチ行きの他に、マニラ・バンコク(ドンムアン)経由カラチ行きも存在し、1990年代まではビーマンバングラデシュ(BG=BBC)やエアインディア(AI=AIC)などと並んでバンコク行きの格安航空券が出やすかったため『バックパッカー御用達航空会社』などと言われた時代もありました。

その後、1997年頃にはバンコク経由日本便を廃止、マニラ経由と北京経由に変更。更にマニラ経由も廃止して、週2便の北京経由だけが残りました。北京経由便は、春秋航空(9C=CQH)などの中国系LCCが出てくる以前は、中国から旅を始めようとする日本人バックパッカーや在日中国人にも利用されていましたが、何せパキスタンから飛んでくるので遅延や欠航が多かったこともあり、中国系LCCの急成長によってそれらユーザーも離れていきます。しかし、2016年までは通路2本のワイドボディにもかかわらず200席程しかなかった中型機のエアバス310を使い、何とか採算ギリギリのラインを維持していました。

2017年(平成29年)1月2日のフライトから、エアバス310に代わってB772が導入されます。しかしB772は、エアバス310と比べて100席以上も座席数が多く、特に成田~北京間は搭乗率が元々悪かったために赤字を垂れ流す状態となってしまいます。パキスタンに進出している自動車大手のスズキ(浜松市南区、東証1部上場)やホンダ(本田技研工業:東京都港区、東証1部・NYSE上場)など日系企業も、出張者や駐在員の往来にパキスタン航空を使わなくなり、採算改善の見通しが立たないと判断。今回、北京経由成田便を北京で打ち切ることにしたものです。

今後、旅行者が日本からパキスタンへ行くには、タイ国際航空(TG=THA)でバンコク(スワンナプーム)乗り換えか、中国国際航空(CA=CCA)で北京首都空港乗り換えが必要になります。もっとも、現地の駐在員は休養や日本食材の調達などでバンコクを訪れる機会が多いといい、実務的には事実上、TG一択と言わざるを得ません。

(この項、青木武治さん/フランス・パリ からの投稿です)
当方、某大手自動車メーカーの駐在員として数年前までパキスタンの合弁先に勤務していました。うちの会社は二輪・四輪共にタイに主力工場を持っていて、国を跨いだ駐在員同士の交流もある関係で、パキスタン現法の日本人駐在員が日本に帰るときにパキスタン航空を使うことはほとんどありませんでした。THAI利用のバンコク経由が基本で、バンコクにストップオーバーすることもあり当方はその際に、ふくちゃん軒のラーメンを食べて董事長ふくちゃんと知り合ったのです。

2019年1月24日木曜日

ディエンビエンフーからラオスへ【2019年版】(1)ディエンビエンフーへの道

ラオス北部とベトナムを結ぶ陸路国境は、ベトナム北西部の大都市ディエンビエンフー(ディエンビエン省)まであと40Kmのところにある、パンホック国境検問所(ポンサリ県マイ郡)とそのベトナム側にあたるタイチャン検問所が要衝となっています。

ここは、ラオスの屋台骨である13ノースロード(国道13号線)の街ウドムサイまで、国道2号線経由で160Kmあります。従って、ウドムサイやルアンパバン、ルアンナムターといった13ノースロード上の都市へは、ウドムサイまで同じ経路を取ります。

《ハノイ⇔ディエンビエンフー》
ベトナム側は、まずディエンビエンフーに入らないといけません。ディエンビエンフーへは首都ハノイから国道6号線(QL6)が通じていますが、ハノイから70Km西に行ったホアビン省から先は厳しい山道となるため所要時間がかかり、特急バスでも片道12時間近くかかります。このため両都市を直通するバスは早朝と夕方発に集中しています。どうしても日中の出発をしたいのであればソンラ市(ソンラ省)まで行き、ディエンビエンフー行きのローカルバス(タイの都市間急行に相当)に乗り換えとなります。

ハノイ発は、市内西郊にあるイエンギアバスターミナル(ハノイ直轄市ハドン区)が最大拠点。ミーディンバスターミナル(ナムトゥリエム区)発着もありますが、すべてイエンギアを通ります。

イエンギアバスターミナルは、MRT2A号線終点のイエンギア駅で降りてすぐ。ザップバットバスターミナル(ホアンマイ区)からは[21A][37][101]の各市内バスで直行できます。

ハノイとディエンビエンフーの間は、標準的な寝台バスで34万ドン(1,700円)。一番安い255,000ドン(1,250円)の便は旅客よりも貨物がメインとなっており、マイクロバス使用で座席がほとんどリクライニングしないため、あまりお勧めできません。

なお、国内線の飛行機ならノイバイ空港から1時間15分。ベトナム航空(VN=HVN)がプロペラ機専門子会社のベトナムエアサービス(0V=VFC)から機材を借り受けて毎日2便を運航しています。

VN8202 HAN1110~DIN1225 DAILY
VN8204 HAN1415~DIN1530 DAILY
VN8203 DIN1245~HAN1345 DAILY
VN8205 DIN1550~HAN1650 DAILY

(機材はATR72 エコノミークラスのみ68席)

《ヴィン⇔ディエンビエンフー》
ベトナム中部以南の各都市へは、北中部最大の街ヴィン(ゲアン省)で乗り換えが必要です。ヴィンとディエンビエンフーの間は夜行となり、寝台バスで50~60万ドンです。

《ラオカイ⇔ディエンビエンフー》
中国国境に面したラオカイ市(ラオカイ省)との間にも、山間の道を縫うように走る特急バスがあり、外国人バックパッカーに利用されています。

ラオカイ発は朝6時30分と7時、午後5時30分の3便で、運賃は25万ドン前後です。